{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010231586086   整理番号:68A0135811

ヤギとウシのβ-ラクトグロプリンの物理化学的性質の比較

Physicochemical comparison of goat-lactoglobulin with the bovine varieties.
著者 (2件):
資料名:
巻: 126  号:ページ: 59-66  発行年: 1968年
JST資料番号: B0023A  ISSN: 0003-9861  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ヤギの乳から分別沈殿をくりかえして電気泳動的に均一なβ-ラクトグロブリン(I)を調製し,種々の性質をウシ乳からのIについての既知データと比較。アミノ酸含量はリジン,グリシン,アラニン,バリン,ロイシンが両者で各1個ずつ異なるのみ。超遠心,光散乱,旋光分散,円二色性などの方法で調べた物理的性質の大部分は両者でよく一致。ただし低いpHではヤギのIはウシのそれよりも不安定。またウシのIの単量体では40の酸性アミノ酸残基がすべて滴定可能であるのに,ヤギのそれでは84か可能でなかった。これらの結果からヤギのIは低いpHで半径のより大きい立体構造へ移行すると結論;写図3表2参31
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る