{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010263101971   整理番号:68A0161165

肝硬変および肝性昏睡における血清のAT PアーゼADPアーゼおよびAMPアーゼ

Serum ATP-ase, ADP-ase and AMP-ase in liver cir-rhosis and in hepatic coma.
著者 (3件):
資料名:
巻: 33  号: 3/4  ページ: 125-133  発行年: 1967年
JST資料番号: C0452A  CODEN: ENZYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
正常および初期と後期の肝硬変および肝性昏睡におけるATPアーゼ,ADPアーゼおよびAMPアーゼの血清内量を調べた。肝硬変の初期においてはこれらすべての酵素の血清レペルは着しく増加していた。肝硬変および肝性昏睡の病状の進展したものでは.これら酵素は着しく減少していた。この減少は。肝硬変が進展すると.酵素の合成機能が大きく欠如してくることを反映したものであろうと考えられ。また肝硬変した肝ではATP. ADP。AMPの濃度が低いことにもよると考えられる;写図3表4参40
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る