{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010273899335   整理番号:68A0232003

連続式超音派パンド検査装置の操業経験

Erfahrungen mit einer kontinuierlichen Ultraschall-BandprUfanlage.
著者 (2件):
資料名:
巻: 88  号: 14  ページ: 782-785  発行年: 1968年
JST資料番号: E0131A  ISSN: 0340-4803  CODEN: STEIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
板厚が5.0~6.0mmの圧延鋼板の内部欠陥を連続的に超音波探傷する方式について述べて慶り,その特徴は120則/mのの速度で移動する鋼板を鋼板が酸洗いに入る前に設置した超音波探傷装置で100mm巾の範囲で連続的に調べるものであり,実際操業データを示し,その有効性を明らかにしている;写図4参2
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る