{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010277612901   整理番号:68A0303915

精神負担の指標としての心拍数

著者 (3件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 377-379  発行年: 1968年
JST資料番号: F0261A  ISSN: 0047-1879  CODEN: SAIGB   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
心拍数を精神負担度の指標とすることができるか否かについての実験を紹介。18~26歳の高卒以上の学歴の男女36名につき,知的課題として数列の逆唱を利用し,数列のけた数を3けた,5けた,7けたの3通参に変えることにより作業の困難度を規制して実験した。その結果では,作業の困難度が増せば,心拍数の増加傾向も著大となっており,心拍数は精神負担度の指標として用いることができると論述;写図5参5
引用文献 (5件):
  • 1) 橋本邦衛•他:鉄道労働科学16 1~38,1964.
  • 2) 近藤武:交通医学19 18~24,1965.
  • 3) 池上晴夫•緒方昭二:5(1) 32~39,1964.
  • 4) Blumberg, S. andGonik, U.: Texas Rep. Biol. Med., 20, 555-561, 1962.
  • 5) Gonik, U. and Blumberg, S.: Texas Rep. Biol. Med., 21, 198-205, 1963.
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る