{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010279241870   整理番号:68A0175994

油脂に対する溶剤の溶解性と溶解力決定の方法

Verfahren zur Bestinunung des Losevermbgens bzw.die Ldsekraft vonLbsungsmitteln flir die und Fette.
著者 (1件):
資料名:
巻: 70  号:ページ: 557-565  発行年: 1968年
JST資料番号: B0531A  ISSN: 0015-038X  CODEN: FSASA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
円形ろ紙クロマト法による清浄剤としての溶剤の溶解能力と溶解力の定量的測定法を説明。溶液に比べた場合の溶剤の移動速度の比と面積に対する補正係数から上記決定に対する標準が計算される。ぺーパークロマトフィルタは固定相の役を果たし,移動相は油脂と試験溶剤から成る溶液である。ろ紙は長円とし,油脂をスポットした中心から展開する。本法により未使用溶剤,油脂で飽和した溶剤,不溶の油脂とが完全に分離する。この3相はペ-パークロマトグラフィ-の平衡状態で生ずる。良好な溶剤は理想的な長円展開をする。本法はUV光で可視な全ての油脂に適用できる;写図7表3参12
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る