{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010283838202   整理番号:68A0142687

小員環シクロアルキンの存在K中間に論ける1,2-シクロォクタジエンの出現

Zur Existenz niedergliedriger Cycloalkine IX.Uber das intermediare Auftreten von Cyclooctadien-12.
著者 (3件):
資料名:
巻: 711  ページ: 55-64  発行年: 1968年
JST資料番号: C0434A  CODEN: JLACBF  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
シクロノニンおよび1,2-シクロノナジエンと1,3-ジフェニルベンゾ〔C〕フランとの反応で各々相当する付加物を得,NMRで確認。1,2-シクロオクタジエンを遊離させ,ジフェニルイソペンソフランで捕捉することを行ない,ただ一種の付加物が得られること,捕捉剤の存在しないときにはシクロブタン誘導体が生成すること,細ょび他の反応との比較に滋り,中間に1,2-シクロオクタジェンが存在することを結論;参16
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る