{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010285796744   整理番号:68A0270557

一般の薄い殻の動的弾塑性大変形の数値計算法

A numerical calculation technique for large elasticplastic dynamicallyinduced deformations of general thin shells
著者 (3件):
資料名:
号: 68317  ページ: 11-12  発行年: 1968年
JST資料番号: H0236A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
爆発成形は構造物の過渡的な,そして残留する大変形を含むものであるから,この研究には大変形の弾塑性的反応を調べる必要がある,この方法の精度および信頼度は実験による結果との比較によった。薄い殼の大変形,大回転,微小ひずみの方程式を,それぞれ材料の弾性的,弾塑性的性質,ひずみ硬化,ひずみ速度への依存性を考慮して,テンソル関係として表わした。方程式は有限差法にもとづいて解くものとした。具体的な例として,円筒パネルの場合について逐次積分を行ない,得られた結果を,爆発力をうけて実施されたものと比較し,両者には良好な一致がみられた;写真10参20
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る