{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010286401123   整理番号:68A0110601

マロン酸ジエチルのメタノリシスのガスクロマトグラフィーによる速度研究

Gas chromatographic rate study of the methanolysi’s of diethyl malonates.
著者 (3件):
資料名:
巻: 90  号:ページ: 244-247  発行年: 1968年
JST資料番号: C0254A  ISSN: 0002-7863  CODEN: JACSAT  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
20,30,40°Cにおいてマロン酸ジエチル,および30,40°Cにおけるマロン酸ジエチルのエチル置換体のメタノリシスをガスクロマトグラフィーで研究。反応はメタノールが連続的にエーテルの2個のエトオキシ基と代わる2段階置換である。各々の段階はエステルへのLewis塩基攻撃の例である。反応の各段階はマロン酸およびメトキシドでは1次でメタノールの濃度は零次である。20°Cでのマロン酸ジエチルではたとえばKI=0.91,KII=0.65,30°CではKI=2.07,KII=0.62などと求まる。活性化エネルギーはマロン酸エチルでは11.2kcal/mole,マロン酸ジメチルでは11.7kcal/mole,などである;写図4表2参18
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る