{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010288242960   整理番号:60A0050944

アミノ酸金属錯塩の研究 I バリンとNi++との錯塩の研究

Contribution a l’etude des complexes metalliques des amino=acides.I.Etude des complexes de la valine et de l’ion Ni++.
著者 (1件):
資料名:
巻: 57  号:ページ: 287-294  発行年: 1960年
JST資料番号: C0277A  ISSN: 0021-7689  CODEN: JCPBAN  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
バリン(CH3)2CHCH()COOHとNi++との間に生成される三の錯塩NiR,NiR2,NiR3についての電導度滴定法,分光化学的方法,ろ紙電気泳動法の三つの方法によって測定を行なった.これらの結果からNiRの生成定数をlogK′1=5.16(20°C),μ=4Mと定めた
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る