{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010303222912   整理番号:68A0239645

アルミニウムに対する有機皮膜その可能性と応用

Organische Uberztlge auf Aluminium-Moglichkeiten und Anwendung.
著者 (1件):
資料名:
巻: 44  号:ページ: 492-494  発行年: 1968年
JST資料番号: A0359A  ISSN: 0002-6689  CODEN: ALUMAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アルミニウムに有機物の被覆をすると,色とつやを任意に変えることができる。また車両や船の製造に際しては,複雑な構造に生ずる他の金属との接触による接触腐食に対して防食膜としてはたらき.かつ工業地の腐食性ふん囲気中では化学作用による腐食をふせぐ膜ともなる。コイルの被覆,電気泳動による塗装,粉末塗装,静電塗装などについて解説した。これらの塗装においては,予備処理特に脱脂処理やある種のエッチング処理が極めて大切で,これによって得られる塗膜の密着性などが大いに改善される;参14
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る