{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010340052407   整理番号:68A0240137

高いおう快削鋼の摩耗性介在物含有量を測定する直線的横断計数法

Lineal traverse count for assessing abrasive inclu-sion content of high sulphur free-machining steels.
著者 (1件):
資料名:
巻: 196  号:ページ: 517-520  発行年: 1968年
JST資料番号: D0492A  ISSN: 0039-095X  CODEN: STLTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高いおう快削鋼の摩耗性介在物含有量の測定法として直線的横断計数法の紹介。品質管理試験法として高い再現性が得られること操作の迅速容易が不可欠であるが,本法はこの要求に応じ得る効果を挙げている。試験結果試料の調製,測定法を解説した;図6表1

前のページに戻る