{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010340764717   整理番号:68A0160750

コメおよびヒエにおける31,4-ジクロルプロピォンアニリド(DCPA)の酵素解毒,除草剤選択性における一因子

Enzyme detoxication of 3,4-dichloropropionanilide in rice and barnyard grass a factor in herbicide selectivity.
著者 (2件):
資料名:
巻: 216  号: 5117  ページ: 799-800  発行年: 1967年
JST資料番号: D0193A  CODEN: NATUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
イネとヒエの抽出液を用いて。DCPAに対する.酵素作用の有無を検討。イネ種子および三葉実生の抽出液にはDCPAをDCAに変換するアシルアニリドヒドロラーゼ活性(1)が検出されるのに対して,ヒエの種子と三葉実生の抽出液には酵素活性が検出できないかィネの10分の1以下の活性しか示さないことを報告。イネにおける酵素活性の細胞内分布,DCPAの代謝産物についても研究。植物の除草剤に対する抵抗性と1の間には強い相関が存在;写図2表2参6

前のページに戻る