{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010341520579   整理番号:60A0089486

高分子量のn-パラフィンの呉性化における二重作用触媒の使用

The use of dual function catalysts in isomerization of high molecular weight n-paraffins.
著者 (3件):
資料名:
巻: 52  号:ページ: 113-116  発行年: 1960年
JST資料番号: C0155A  CODEN: IECHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
純粋なn-C20,n-C29,やn-C48のフリーデルクラフト型触媒による接触水素異性化が研究された.反応の主なものは貸性化とクラッキグであり脱水素は無視される.低流動点と高粘度指数をもつ潤滑油は純粋なn-パラフィンや市販の石油ワックスから呉性化し通常の操作で分離できる
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る