{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010343702089   整理番号:68A0030339

原子の低速電子散乱に対する相対論,非相対論的理論の数値比較

Numerical comparison between relativistic and nonrelativistic theory for scattering of slow electrons from atoms
著者 (2件):
資料名:
巻: 216  号:ページ: 165-171  発行年: 1968年
JST資料番号: E0442A  CODEN: ZEPYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
非相対論的扱いとしてScroedihqer方程式ではなくFoldy-Wou-thuysen演算子を導入したDirac理論の非相対論的近似を用いた位相シフト,微分断面積,スピン偏極について相対論的扱い(Mott理論)と比較を行なった。200eV以下では原子番号の小さい程一致が良く,Arではまったく一致した;写図5表1参10

前のページに戻る