{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010347134492   整理番号:68A0067183

電子計算機室の空調について

著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 65-67  発行年: 1968年
JST資料番号: F0125A  ISSN: 0387-110X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電子計算機は初期の頃と比較するとIC回路などの採用で非常に小型化され,同時記憶容量が増え,逆に発熱量は減ててきたが,過渡の部分的温度上昇を起し易いので機械内部にすでに排気用としての送風機を備えたもの,さらに冷却器を本体に具備しているものも出現した。また温湿度条件に関しては許容範囲が広くなった。空調設備を設計施工するには施工主から計算機設備計画,室内温湿度,清浄度,その許容度,機内温湿度,清浄度,その許容度,電子計算機の運転時間と日数,電子計算機の配列,送気方式などの資料を入手しなければならない。また施主側に協力を要求する項目もかなりある
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る