{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010351023956   整理番号:68A0209040

埋設電話施設に対する高圧直流送電の電食特性

Corrosion aspects of HVDC on buried telephone plant.
著者 (1件):
資料名:
巻: 87  号:ページ: 35-40  発行年: 1968年
JST資料番号: A0340A  ISSN: 0018-9510  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
BPAはオレゴンから南部カリフォルニアへ高圧直流送電を建設中である。定常的な状態では電食は微々たるものであるが,地絡事故または予備線路として大地を使用する際には,考慮しなければならない。オレゴン州ダレスで実施された現場試験では,理論の適用を行ない,2000Aの電流を通している状態では,線路と非絶縁ケーブルとの間隔は最小3.8mile必要であることがわかった。絶縁ケーブルの被覆の破損による漏れ電流も考察されたが,これに関してはジャケットの漏れ抵抗に関する未知量があり,一般性ある近似方法は開発できなかった;写図8表1参5
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る