{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010360003135   整理番号:68A0104793

第3次長期計画における保守近代化の考え方

著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号: 11  ページ: 5332-5334  発行年: 1967年
JST資料番号: S0079A  ISSN: 0447-2322  CODEN: JRENA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
上記計画は国鉄の体質改善を大きなねらいとしており,この期間に施設,電気,車両それぜれの捕集陣営が,いかに体質を改善するかは将来の国鉄経営にとって重要なかぎとなるだろうとし,組織の近代化,営業体制の刷新,輸送方式の改善,事務ならびに情報処理の近代化など各方面に行なわう必要があり,信頼度の向上とバランス,信頼度の線区別バランス,フェイルセイフとフェイルアウト,車両,保線,電気などの保守近代化方向について記述
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る