{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010361113520   整理番号:60A0098427

低電力平面状電極

A low-wattage planar cathode.
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 191-198  発行年: 1960年
JST資料番号: D0503A  ISSN: 0033-6831  CODEN: RCARCI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
カメラ菅,キネスコープ,進行波管などの電極としてヒータ電力の少ないものを開発した.まずヒータ電力に関するパラメータ(カソードの加熱電力,熱エネルギー損失,材料などに関するもの)6個からいろいろ考察し,伝導熱損失の方が放射損出よりも大きいことを確かめた.その結果従来6.3Vで4Wのヒータ入力電力が必要だったのが,6.3V,0.6Wの極く少ない入力電力で充分になった.なおこの平面状電極は二重巻線,フィラメント支持物に熱伝導の悪いKovar,継ぎ目なし0.001in管のヒータを使用し,カソード温度1050~1075°K,ヒータ電流95mAである.円筒状のものより効率がよい
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る