{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010362865665   整理番号:68A0206237

最適なコイル方式と流体導電率の誘導型MHD発電機の製作

On the construction of linear induction MHD genera-tors with optimized coil system and optimal conduc-tivity of the working fluid.
著者 (1件):
資料名:
ページ: 40-45  発行年: 1967年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
液体金属を作動流体とする誘導型MHD発電機では高い出力密度が必要とされるが,通常の非同期機と異なり鉄心間のギャップが大きいため力率が低下した,短い固定子のため絡端効果により出力が滅少する。これらの彡響を取り除くためコィルを70°K程度に冷却して出力密度を増加させ,また作動流体の波長や導電率を適当に選ぶことにより終端効果を最小にすることができる。これらの効果を試験するため,Hgを作動流体とする試験用発電機を試作して実験した;写図12表1参7
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る