{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010376813510   整理番号:68A0238971

0.2%C鋼を熱間圧延する際の非金属介在物の挙動

Behaviour of non-metallic inclusions in a0.2 car-bonsteel ingot during hot rolling.
著者 (2件):
資料名:
巻: 206  号:ページ: 705-715  発行年: 1968年
JST資料番号: C0314A  CODEN: JISIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
0.2%Cキルド綱の31/2t鋼塊中心から切出した試片中の非金属介在物の均熱および熱間圧延中の挙動を研究した。試片は700~1350°Cの温度で均熱し,非金属介在物の変形挙動を各種の型に分離できるよう非常に厳密に調節して熱間圧延した。非鉄置介在物の大部分もっとも高い圧正温度で流動し低温でもろいか塑性変形するガラス状のMn-Alけい酸塩か,どの圧延条件でも鋼より変形し難い塑性を示し,低い圧延温度で最高の相対塑性を示すMnsである。ある条件ではこの硫化物と酸化物は結合する。圧延の降の介在物の拳動と実験で得られた変形の関係をモデル化して検討した;写16図8参27
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る