{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010381877593   整理番号:60A0033360

キュポラ操業法における最近の考案

Новое в ваграночном процессе.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 19-22  発行年: 1960年
JST資料番号: R0061A  ISSN: 0024-449X  CODEN: LIPRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
復熱装置をキュポラと別個にとりつけ送風温度を250°Cになし得たが設備費がかさみ,操業開始後1.5~2hr経過せねば空気予熱の効果があらわれぬので,炉壁中で空気を予熱する方法を試みた。送風温度280°Cこなり設備も簡単であるが4が5hrで羽口が損傷するので炉底送風式に改良.炉壁周囲に空気が向い過ぎるのでこれをさらに改良,本キュポラによれば送風温度350酎400°Cに達する。現在オ1号を製糎中;写5図1コ
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る