{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010385251966   整理番号:68A0012431

消滅からの荷電ベクトル形状因子およびπ-π力学I

Isovector form factors from annihilation and jcjldynamics.
著者 (2件):
資料名:
巻: 52  ページ: 1381-1387  発行年: 1967年
JST資料番号: D0214A  ISSN: 0369-3546  CODEN: NIFAAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
核子の電磁的荷電ベクトル部分の形状因子に対するπ-π散乱の影響がいかに寄与するかを研究する。ベクトル中間子共鳴状態以外に消滅のチャネルからの寄与を考慮に入れ,これらを分散式的に取扱ってπ-π形状因子によって荷電ベクトル形状因子を現象論的に表わす;図3表1参17
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る