{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010400843581   整理番号:68A0329106

生体試料中のピリチアミンとビタミンB1の分離定量法

著者 (3件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 67-76  発行年: 1968年
JST資料番号: F0733A  ISSN: 0022-5398  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ピリチアミン(Py T)とB1のBrCNおよび赤血塩による酸化生成物のけい光スペクトルの差を利用して分別定量する方法を考案した.抽出液を脱たんぱくしパームチット精製したのちアルカリ性赤血塩で酸化した後分光けい光計でPy Tを定量し,他方B1はBrCN酸化によってチオクロム法で定量する.検出限界はPy Tでは0.3mμモル以下,B1では0.03mμモル以下である:参5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る