{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010406943413   整理番号:68A0170720

作動油放射線安定試験法に関する二,三の特徴

Some features of a radiation stability test method for hydraulic fluids.
著者 (2件):
資料名:
ページ: 431-441  発行年: 1967年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
放射線にさらされている油圧装置に用いられている作動油はその物理的および化学的特性が大きく変化する.本文ではコバルトを用いた作動油の動的照射試験の結果を報告.試験の結果は,流体がポンプから得たエネルギーと吸収された放射エネルギーとの比に依存することが明らかになった.特定の照射量,油圧装置の圧力,流体の循環サイクルに相応する実験条件のもとで動的照射試験を行なえばいろいろの化学組成をもつ作動油の放射線安定性の相対評価を行なうことができると述べている;写図6表4参7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る