{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010425717149   整理番号:68A0164584

食品と動物飼料の残留農薬に対する試験法の確認研究

Validation study of a method for pesticide residues in foods and animal feeds.
著者 (1件):
資料名:
巻: 50  号:ページ: 1205-1215  発行年: 1967年
JST資料番号: C0268A  ISSN: 0004-5756  CODEN: JANCA2  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Food&Drug AI1nstratonの18の研究所が65の農薬と80の食品および飼料を用lハて残留農薬試験法をテストした。32の農薬試料の回収率は平均80~110%で,さらに20の試料も良い結果を得たが13試料は悪かった。方法はAOAC法で,抽出,清浄,G.Cによる定量によるものである。食品,飼料の種類によっても回収率は異っていた;表3参9

前のページに戻る