{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010428408252   整理番号:68A0144320

酵母生細胞におけるりんご酸デビドRゲナーゼのグルコース誘導性不活性化

Glucose induced inactivation of malate dehydrogenase in intact yeast cells.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 326-331  発行年: 1968年
JST資料番号: B0206B  ISSN: 0014-2956  CODEN: EJBCAI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
各種酵母のうちsαacchrCmyes。株のみ題記酵素(MDH)のグルコ一ス依存性不活性化を観察。グルコースまたはま関連ヘキソースの添加で不活化,こ,れば冷却で阻止しうる。この過程はまたんぱく合成成や呼吸の阻害に無影響。呼吸と解糖の阻害を同時に起す条件で細胞をイソキュベートすると。グルコース添加は酵素の部分的不活性化のみ誘起。解糖初段階に生ずる代謝物がMDH不活化の開始に関連するものと推定;図5表2参11
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る