{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010438330480   整理番号:68A0320694

核分裂スペクトルで平均した9Be(n,2n)の断面積の測定

ELssionspectrumaveraged crosssection measurement for the Be n n reaction.
著者 (1件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 30-34  発行年: 1968年
JST資料番号: D0212A  ISSN: 0029-5639  CODEN: NSENAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
252Cfの核分裂スペクトルで平均した9Be(n,2n)の断面積を測定した結果,計算値と良い一致を見た。実験は,252Cfの自発核分裂中性子により照射した硫酸マンガン液中のMnの誘導放射能56Mnが,中性子源の周囲においたBeによってどの程度増加するかを測定して行なった。倹出器はNaIシンチレータで結果は144±6mbであった。計算は,最近の励起曲線に基いて,Beの弾性散乱による核分裂スペクトルのひずみをモンテカルロ法によって補正して行なつた。結果は150mbで測定値と良い一致を示した;写図2表3参15
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る