{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010439809216   整理番号:60A0076839

熱伝導度 XIV 多成分系の伝導度

Thermal conductivity;XIV.Conductivity of multicomponent systems.
著者 (1件):
資料名:
巻: 42  号: 12  ページ: 617-627  発行年: 1959年
JST資料番号: C0253A  ISSN: 0002-7820  CODEN: JACTAW  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
多成分酸化物の熱伝導度とその組成と温度との関係を求め,単一相固溶体を形成する系ではわずかの第二成分が第一成分に混入すると熱伝導度は減少し,第二成分のホノン衝突距離は低濃度においてその濃度に逆比例し温度に無関係なることを示し,多成分系窯業製品の熱伝導度は各相め熱伝導度,割合,相分布が既知の場合算出可能なことを述べている;図27表7参20
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る