{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010443853378   整理番号:60A0058134

カルボニル化合物とヒドラジン類との縮合 IV 糖類と,二置換フェニルヒドラジンおよびそのα-メチル誘導体との反応

Zur Kondensation von Carbonylverhindrngen it Hydrazinen,IV.UEber die Reaktion disubstituierter Phenylhydrazine and ihrer α-Methyl-Derivate mit Zuckern.
著者 (2件):
資料名:
巻: 93  号:ページ: 1148-1155  発行年: 1960年
JST資料番号: B0264A  ISSN: 0009-2940  CODEN: CHBEAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
4種のブロムーメチルフェニルヒドラジン,2.4-ジブロムフェニルヒドラジンおよびそれらのα-メチル誘導体はある種の立体配置のアルドースのみと縮合.2,4-ジメチル-およびα,2,4-トリメチルフェニルヒドラジンは単糖類とは縮合しない.3-メチル-4-ブロムフェニルヒドラジンはグルコースとの混合物からラムノースを単離するのに適す

前のページに戻る