{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010447606561   整理番号:68A0073643

「原子炉圧力容器用超厚板ASTM A302 B鋼板の容接加工に関する試験研究」の概要

著者 (1件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 73-80  発行年: 1968年
JST資料番号: G0237A  ISSN: 0387-0197  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
原子炉圧力容器用国産A302B超厚板(250mm)について,その最適溶接条件お上び施工法を確立するために,(1)母材試験(最適熱処理条件の選定,製造履歴,常温および高温引張り試験,シャルピ衝撃試験)(2)溶接材料の試作選定(サブマージド,エレクトロスラグ,被覆アーク溶接棒の試作と溶着鋼の機械的諸性質,作業性)(3)溶接性試験(Y型開先拘束割れ,CCT試験)(4)溶接施工試験((2)別で選定された材料で試験し,溶接条件を求める)(5)継手性能試験(継手,切欠じん性試験,溶接部の高温特性など)に関して自走溶接協会原子力研究委員会が行なった試験研究結果について報告している;表4

前のページに戻る