{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010447709336   整理番号:62A0162339

ルガンスク経済会議地区の1956-1960年間における石炭鉱業の発展の総計

Итоги работы угольной промышленности Луганского экономического района за 1956-1960 гг.
著者 (1件):
資料名:
巻: 36  号:ページ: 19-22  発行年: 1961年
JST資料番号: R0115A  ISSN: 0041-5790  CODEN: UGOLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
切羽の綜合的集約による掘進切羽数の削減,急速掘進,切羽進行速度の向上などに,顕著な実績が認められている。当地区でも,ひとつの問題は急傾斜切羽の機械化の不徹底で,この1年間に,普通の切羽を持つ炭鉱での能率向上が10.5%あるのに,急傾斜切羽の炭鉱では6.4%でしかない;表2

前のページに戻る