{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010456738551   整理番号:68A0251567

遠洋性たい積物の洪積世翼足虫類による分帯

Pleistocene pteropods in pelagic sediments.
著者 (1件):
資料名:
巻: 219  号: 5159  ページ: 1145-1149  発行年: 1968年
JST資料番号: D0193A  CODEN: NATUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
一般に深海の洪積世たい積物の層序は,主として浮遊性有孔虫と酸素同位体による古温度の測定から決定されている。筆者は翼足虫類(Pteropod)をもとにして,メキシコ湾・カリブ海・地中海・紅海の洪積世海底たい積物の生物層序を組立てた。翼足虫軟泥は主として翼足虫の遺がいからなるきわめて石灰質の深海たい積物である。カリブ海とメキシコ湾については,翼足虫による分帯を,その産出量に基づいて決定した。地中海と紅海での分帯は,翼足虫を含む動物群の変化に基づいている。この分帯の結果は,浮遊性有孔虫,酸素同位体分析による分帯結果に対応することが判明した;写図6表1参22
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る