{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010471028811   整理番号:68A0286009

ベントナイトを潤滑剤としたケーソン

Bentonite lubricated caissons.
著者 (1件):
資料名:
巻:ページ: 178-180  発行年: 1968年
JST資料番号: B0815A  ISSN: 0009-3709  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ケーソンの周囲にベントナイトを注入して側壁面に働らくまさつ力を減少させ沈下を容易にする工法が欧州で広く行なわれている。この工法の利点はケーソン先端にかかる荷重を大きくかつ理論値どうりにできるので沈下のためのおもりを用いる必要がなく施工管理が容易であること,各部の構造を従来のものより剛性の少ない薄い壁にできること,周辺地盤のひき込みがないので既設構造物に隣接して施工が可能なこと,沈下のための堀削土量を従来の場合より減少させることができるなどである。ジュネーブでは内さ30m壁厚約40cmのものが施工されている;写図4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る