{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010471812865   整理番号:68A0028105

141MeV中性子による重陽子の分解

Aufbruch von Deuteronen rait MeV Neutronen
著者 (4件):
資料名:
巻: 117  号:ページ: 419-448  発行年: 1968年
JST資料番号: D0209B  ISSN: 0375-9474  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
14.1MeV中性子による2He(n,2n)H反応の中性子スペクトルd/dEdΩを,高速飛行時間スペクトロメータを用いて測定した。測定は角度について,7.5°と75°の間の8点で行ない,エネルギーについては,2MeVから連続分布の上限までの間で行なった。前方において,スペクトルの中央部と上限部における山は,分解した中性子間の終状態相互作用で説明できる。θlab>30では後方でのスペクトルの構造は完全に消えてしまう。エネルギーについての積分を行ない分解反応の微分断面積dσ/dΩを求めた;写図13参42
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る