{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010472788917   整理番号:60A0045418

尖った空所と先端において吹出しジュットをもつ下げ翼付翼型の簡単な実験

Brief experiments on a flapped aerofoil having a cusped cavity and a blowing jet at the cusp.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 309-314  発行年: 1960年
JST資料番号: B0416A  CODEN: CSPJA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: カナダ (CAN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
楕円形断面をもつ翼型の下面に標題のごとき上面に空隙をもつ金属製の下げ翼をとりつけ,下げ翼の形状,角度を6種類にかえて実験を行なった。この空所が安定な渦でうづめられるような流れの領域が存在することを明かにした。準二次元の有限な流れの中においては,この型の翼型の方が合成力ペクトルの回転の度合は,空所をもたない場合に比べて大きいことが分った。吹き出しジ謀ットと安定渦との組合せにより,逆の圧力勾配をなくす効果があることが分った;写1図8参4
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る