{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010476856011   整理番号:68A0253292

平電炉メーカのあり方について(続)

資料名:
巻: 18  号: 10  ページ: 77-91  発行年: 1968年
JST資料番号: F0329A  ISSN: 0494-9994  CODEN: TEKKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
平電炉メーカの平均的企業は平炉または電気炉2~3基を有して生産を行なってあり,資本金3億円前後,従業員100~500人程度の規模で粗鋼ベースで年間5~10万tの生産を行なっている。普通鋼圧延用鋼塊を生産する平電炉メーカは約70社であり,生産形態はそれぞれ異なっている。平電炉メーカの発生は日露戦争後のわが国資本主義の発展期にさかのぼる。今次大戦まで40%程度シェアをもつていたが,最近では20%程度に落ちた。平電炉メーカの主力商品の動向,生産性,収益性,コスト,鉄くずの需給,価格の動向を報じる;表23
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る