{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010477408632   整理番号:68A0074546

講座:冷間鍛造部品の製品設計 VII

著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 96-100  発行年: 1968年
JST資料番号: G0871A  ISSN: 0387-3544  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
冷間鍛造金型の設計,製作が難しいと考えられるのは,金型が初期破壊を生じる,局部的に急速な摩耗を生じる点にある。この原因は製品設計および型設計上の問題,制作上の欠陥,型の取付時のミス,被加工材の不均一などの個々,複合したものによる。ここでは金型の損耗と対策を,ポンチ,ダイ,受圧板に分けて,その破損の原因と注意点を述べ,製品設計と型設計・製作上の関係を説明している;写図15
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る