{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010486091455   整理番号:68A0099964

炭化アブレータを含んだ相互作用をもつ反応性境界層の解析II積分行列解法による多成分層流境界層の非相似解

An analysis of the coupled chemically reacting boundary layer and charring ablator.III.Nonsimilar solution of the multicomponent laminar boudary layer by an integral matrix method.
著者 (2件):
資料名:
号: CR-1062  ページ: i,iii,v,vii-ix,xi-xix,1-133  発行年: 1968年
JST資料番号: D0222B  CODEN: NSCRA   資料種別: 技術報告 (T)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
多成分化学反応系を含む気体の層流境界層にたいする理論解析法と予備計算結果が報告される。基礎方程式の算出においては境界層内における化学反応の外に拡散.熱伝導.ふく射効果を含めてある。一方境界条件としては炭化アフシーション物質附加.蒸発といった多様な可能性を含めて考える。これらの式が在来と同じ手法で境界層方程式に変化される。この解法として連立微分の代りにDoro-dnitsynの原理に従って導出される連立積分方程式(行列で表わされる)をNewton-Raphson法による遂次近似で解くことを提案しその手法が詳述されている。予備計算はこの解法の妥当性検討に重点を論いてなされている;写図28表8参35

前のページに戻る