{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602010487411119   整理番号:58A0054351

圧力電話ケーブルの外装損傷個所を決定する圧搾空気法による解に影響を与える要因

The Factors influencing the use of Pneumatic Methods for the Location of Sheath Faults in Pressurized Telephone Cables.
著者 (1件):
資料名:
巻: 105  号: 23  ページ: 483-486  発行年: 1958年
JST資料番号: D0381A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
毛細管中を流れるガスの流れに関するボアズィユの方程式にもとずいて,同軸でない電話ケーブル中の定常状態にあるガスの流れを表現する式を得た。また,この式と圧力こう配,流速などの測定から決定する方法の限界を考察した

前のページに戻る