{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010489801887   整理番号:68A0068921

高張力鋼溶接継手の高サイクル疲労強度

資料名:
発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 解説  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高張力鋼溶接継手の疲労強度を正確には握し,合理的な溶接設計・施工基準を確立するための一連の研究に対し,引張強さ60kg/mm2級および75kg/mm2級の調質高張力鋼について,母材および突合わせ溶接継手の高サイクル疲労試験を行なった結果を述べている。60kg/mm2級高張力鋼のS-N曲線からわかるように,繰返し数104以上の時間強度は母材がいずれの溶接継手よりも高くなっている。また被覆アーク溶接継手とサプマージ・アーク溶接継手のS-N曲線を比較すると,余盛ありの場合も,余盛仕上げの場合も溶接法による大きな差はないが,時間強度は余盛仕上げをすると著しく向上している;写図29表6参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る