{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010500785864   整理番号:60A0007373

タングステン線真空ランプのフィラメント温度分布の,とくに光高温測定法と関連せしめた理論的考察

A theory of the filament temperature distribution of the tungsten vacuum-lamp, with special reference to optical pyrometry.
著者 (2件):
資料名:
巻: 252  号: 1016  ページ: 463-498  発行年: 1960年
JST資料番号: D0317A  ISSN: 1364-503X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
較正標準用高電流条状フィラメントと光高温計に使用する細線状フィラメントの2種類のランプに対し,フィラメント材料としてのWの特性を調べ,光放出の状態を究明した。大きさ既知のフィラメントに沿った温度分布に関する微分方程式を作り,計算値と実測値の一致を調べた。Wの熱伝導率を一定とみなす簡単化の仮定をたて,これが誤差として響くが大きなものではなかった

前のページに戻る