{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010515215649   整理番号:68A0332847

イソプロビルアミノ基の心血管系におよぼす効果

著者 (3件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 341-346  発行年: 1968年
JST資料番号: F0908A  ISSN: 0047-1828  CODEN: NJUGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
αおよびβ作用とカテコールアミンの構造に関するAriensの仮説を再検討するためプロネサロールと2-イソプロピルアミノー6-メチルヘプタン(メトロン)のイヌの血圧および心拍数におよぼす効果を調べた.プロネサロール5mg/kg静注では心拍数のわずかな増加と血圧の1隆度の下降をおこした.メトロン2mg/kg静注でもこれと同じ反応が見られた.5mg/kgでは徐脈と血圧下降を小したが,アトロピンの前処置で2mg/kgと同じ変化となった.プロネサロールあるいはメトロンは緩和なβ作用を示すが,大量では迷走神経刺戟をするらしい.以上からβ作用はイソプロピル基にも関係することが示唆:参8
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る