{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010520137290   整理番号:68A0185785

コークス化学系の金属腐食防止剤の作用機構問題

К вопросу о механизме действия коксохимического ингибитора коррозии металлов.
著者 (1件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 110-114  発行年: 1968年
JST資料番号: R0140A  ISSN: 0044-4618  CODEN: ZPKHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
酸溶液で高い保護性を示し.鉄およびその合金の腐食防止剤であるKX-2は,有機部分(ピリジン,インドール,フェノール,その他芳香族化合物)と無機部分(チオシアン酸塩,硫酸塩,チオ硫酸塩,その他アンモニウム塩)から成る。K×-2の作用機構解明を研究。KX-2を含む侵食性媒質中にある金属の表面には多分子吸着帯が形成される可能性があると仮定。ここではその厚みが大きく安定性がよいために化学的に独立の防止剤の吸着帯より,拡散過程が緩慢に行なわれる。多分子吸着帯は保護作用が大きい;写図4参14
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る