{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010525640500   整理番号:68A0173826

ガラス溶解用タンクがまの合理的な大きさおよびその操作条件

Рациональные размеры ванных стекловаренных печей и режимы их эксплуатации.
著者 (1件):
資料名:
巻: 25  号:ページ: 2-6  発行年: 1968年
JST資料番号: R0099A  ISSN: 0131-9582  CODEN: STKRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ソ連の3工場において板ガラスの製造に用いられている5基のガラス溶解用タンクがまの特性および操作条件を比較検討し,合理的な溶解がまの大きさについて考察。日産200-245tの能力を有する溶解がまについては,27~29mの長さの加熱槽を設けることが望ましい。この加熱槽は,ガラスの加熱を最高の熱効率で行なうために技術的に不可欠な条件である;写図7表2参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る