{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602010526861305   整理番号:58A0029863

粘土鉱物の陽イオン交換能 II 雲母,ひる石,モンモリロナイト類鉱物による陽イオン交換

UEber das Kationenaustauschvermoegen der Tonminerale. II. Der Kationenaustausch bei den Mineralen der Glimmer-, Vermikulit- und Montmorillonitgruppe.
著者 (1件):
資料名:
巻: 297  号: 5/6  ページ: 257-286  発行年: 1958年 
JST資料番号: E0429A  ISSN: 0044-2313  CODEN: ZAACAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
交換される陽イオンは各鉱物の結晶の基底面にあるが雲母は外表面,その他は結晶内部の膨張により移動が行なわれる。かさばったアルキルアンモニウムイオンとカリウムイオンが交換すると他の陽イオンは交換しやすくなる。結晶の縁では水酸基イオンはふっ素イオンと,水分子はアンモニアやアミンおよびアルカリ金属のアルコラートと反応する基たとえば≡Si-OHなどと置換する

前のページに戻る