{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010532988759   整理番号:60A0012762

電子-陽電子対を発生する核のクーロン場における高エネルギー光子の非弾性散乱

Inelastic scattering of high energy photons in the coulomb field of a nucleus with production of electron-positron pairs (Radiative pair production).
著者 (3件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 545-553  発行年: 1960年
JST資料番号: D0214A  ISSN: 0369-3546  CODEN: NIFAAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
放射対発生を調べ,二つの運動学的場合(i)対が前方に射出され,光子がQで散乱される,ii)光子が前方,対がOで射出される)に対する微分断面積を与える。計算は通常の摂動論のボルン近似で行なった。小さい射出光子角と現在のシンクロトロンから得られる入射γエネルギーに対してこの二つの断面積は十分大きく測定できる程度である

前のページに戻る