{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010542803056   整理番号:68A0213594

縦方向ボンピングを用いた強磁性体増幅器の特性

Experimental characteristics of a ferromagnetic ampliI fier using longitudinal pimping.
著者 (2件):
資料名:
巻: 24  号:ページ: 17-39  発行年: 1968年
JST資料番号: C0287B  ISSN: 0020-7217  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
311-3〓1モード対を用いた縦方向ポンピング強磁性体増幅器の発振スレッショールド電力と利得帯域幅を測定し,理論解析した。周波数特性はせまく,13.5dBで帯域幅1.4MHz程度である。ポンピング電力がある臨界値を越えると一定入力に対して利得が飽和し,ポンピング電力をさらに増すとむしろ減少してくる。利得にはポンピング電界と外部静電界の相対方向が大きく影響する。室温以下では電力利得の変化は極めて大で,高温になると中心信号周波数が低い方に推移する;写図15参15
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る