{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010543428933   整理番号:60A0049340

強電解質の濃溶液の理論 XXIV 独占容積の方法で選択的相互浸透を導入することなく強電解質濃溶液の性質を有効に記述する可能性

Ricerche sulla teoria delle soluzioni concentrate di elettroliti forti. Nota XXIV. Sulle possibilith di una efficace descrizione del comportamento di tali soluzioni con it metodo del volume di esclusione aenza l’introduzione di una compenetrazione selettiva.
著者 (1件):
資料名:
巻: 50  号:ページ: 708-724  発行年: 1960年
JST資料番号: A0417A  ISSN: 0003-4592  CODEN: ANCRAI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Duttn-Bagcni(’50)の理論ではイオン間の相互浸透を仮定しなければ一般の場合の実験データが説明できない。cf・Naturwiss,39,299,569(’52)

前のページに戻る