{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010584536023   整理番号:60A0048401

臨界溶解温度付近の拡散係数の温度依存性の熱力学的説明

The thermodynamic interpretation of the temperature dependence of the diffusion coefficient near the critical solution temperature.
著者 (1件):
資料名:
巻: 15  号:ページ: 317-321  発行年: 1960年
JST資料番号: A0455A  CODEN: ARKEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スウェーデン (SWE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
n-ヘキサンーニトロベンゼン系の臨界溶解温度付近での拡散係数急減を説明するために,非可逆過程の熱力学から導かれる表式の各因子を検討した。拡散係数の変化の主因は(∂μ/∂N)P,Tの温度変化である。μ:化学ポテンシアル,N:モル分率
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る