{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010593012932   整理番号:68A0069497

大きい断面を持つ合金AMr6のアルゴンアーク溶接

Аргоно-дуговая сварка сплава АМГБ больших сечений.
著者 (3件):
資料名:
号:ページ: 18-20  発行年: 1968年
JST資料番号: R0107A  ISSN: 0491-6441  CODEN: SVAPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
7000mm2以上の断面をもったアルミ合金AMr6の品物を溶融電極使用の手動および自動アルゴンアーク溶接する技術を導いている。母材,溶接部メタルの化学的分析結果と溶接継手の機械試験結果を示した。結論は(1)大きい断面の合金AMr6の手動アークアルゴン溶接は大断面の各種品物を調達するさいに採用される(2)非溶融電極使用の多層アルゴンアーク溶接によって作られた溶接継手の機械的性質および密度は溶融電極使用の類似の継手のそれよりも大きい.(3)両種の溶接方法による合金AMr6の多層溶接部の中心域の機械特性は周辺のそれより大きい;写2図2表5
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る